木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

歌舞伎・忘れられない中村勘三郎さんへの想い

 

 

2012年12月5日
忘れられない日、私が歌舞伎に関する活動をやめようかと思っていた頃、
ある方の忘年会に行った帰り道、寒空に「歌舞伎やってよ~!」という声が
聞こえたような気がした。

 

 

翌日、勘三郎さんが旅立たれたことをニュースで知った。

 

 

 

 

 

 

あぁー、やめられないよね!
続けるしかないよね!

そう、強く念った!!

 

私の使命だと...

 

 

一番贔屓の役者さんではなかったけど、
なぜだか、いつも気になる方で、
現代の「ひとたらし」だと思った。

誰もが勘三郎さんに
吸引されていく!
人を巻き込む力は歌舞伎界随一だったと思う。

 

何を創り出してくれるのか?!

いつも期待が一杯の方だった。

 

 

今は、その二人の息子達が立派に後を追っている。

 

 

先日の九州初上陸の平成中村座は、当日に立ち見券を求める方が、
深夜、3時半から並ぶ盛況ぶり。

以前からのサービス満点のおもてなしは、今も健在。

小倉城を借景に、昼の部、夜の部とも充分に楽しめた。

 

 

 

 

 

何と言っても、中村座に関わるすべての人が素晴らしかった。
お客様をどんなときでも飽きさせない。

そして、中村座では、
いつでも勘三郎さんが見守っている。

 

 

 

 

 

 

もちろん、芝居もフレッシュで、

これからドンドン将来が頼もしくなってくるであろう

若手の成長ぶりが目に出来た!

 

 

特筆は、中村橋之助さん。「神霊矢口渡」での

新田義峯と新田義興の霊の二役を演じ分け、存在感を魅せてくれた。

 

中村獅童さんは、上方和事「封印切」の忠兵衛に2回目の取り組み。

10年前に勘三郎さん存命中、アリゾナの別荘まで行って教えを請い、

「大事なのは型より心だよ」と諭されたことを胸に、

今回、一から勉強し直されて挑まれた。

 

 

そして、ご当地ものの「小笠原騒動」では、充分に地元の方を楽しませていた。

 

12月、中村七之助さんは、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(新橋演舞場)、

クシャナの役で尾上菊之助さんと競演!

 

 

 

 

 

 

1月は、壽・新春大歌舞伎(歌舞伎座)に、兄弟で出演。

 

 

 

 

 

跡を継いで、ドンドン大きくなって行く兄弟。

来年は何を魅せてくれるのか?!
期待に胸を膨らませながら待っていよう!

 

(写真松竹)

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai