木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

平成中村座誕生のきっかけ

 

十八世中村勘三郎丈が、19歳のときの体験。

 

 

 

唐十郎さんの「紅テント」の公演で、芝生の上に座って観劇したことで

「芝居」という言葉が生まれた原点を体感されたことに端を発します。

その場所は、花道があり、水入りで宙乗りがあって、出演者を呼ぶ掛け声が

まるで大向う。

その様子に勘三郎丈は、まさに「歌舞伎の原点だ。芝居の原点だ」と

思われたそうです。

この感覚が、いつかやってみたいという夢となりました。

 

 

 

それから25年後の2000年、浅草にその夢の芝居小屋を実現させたのです。

 

 

※紅テント・・・日本の劇団、状況劇場の通称。
※唐 十郎・・・劇作家・作家・演出家・俳優。

 

 

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai