木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

歌舞伎?平成中村座とは?!

平成中村座と言われても…、どこの劇場?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

十八世中村勘三郎丈が中心となって、江戸時代の芝居小屋を再現した劇場です。
平成12(2000)年に、東京で初めて上演された「平成中村座」。

 

海外でも公演され、ニューヨークでは、あの辛口のニューヨークタイムスが絶賛したとのことで、
大変喜ばしいニュースが日本でも報道されました。

 

 

中村屋は、江戸三座と言われた幕府公認の芝居小屋を運営していました。
その江戸時代の雰囲気を醸し出した劇場が平成中村座です。

 

 

小屋の中に入られて、舞台をご覧になると、一瞬、あれ?と思われると思います。
そうです!定式幕の色が違う!!

 

 

通常、定式幕は「黒・柿色・萌葱色」ですが、平成中村座では
「(左から)白・柿色・黒」となっています。

 

 

白を使うのは、江戸時代に幕府から中村座に限って許された色だったんです。

 

 

 

 

これから、九州初上陸の平成中村座を少しずつご紹介して行きます!

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai