木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

ごあいさつ

ごあいさつ

8月 葉月

 

 

蝉の声が賑やかに聞こえてきます。
夏本番となりました。
新しい生活様式の中、移動の条件が取り沙汰され始めました。
家族との再会を楽しみにしているお盆の帰省に影響が出てきそうですね。

 

日本人にとって、盆正月というように、お盆とお正月は特別な日であります。

 

お盆には、先祖の精霊を迎えて供養をします。
現在では、旧暦の7月に行う地域と新暦の8月に行う地域があります。

 

 

 

このお盆は、「盂蘭盆会」ともいいます。
「盂蘭盆会」は、サンスクリット語の「ウランバナ」から来た言葉です。

 

お釈迦様の弟子の目蓮が「亡くなった母が飢餓道に落ちて苦しんでいるのを
助けたい」とお釈迦様に教えを請うたところ、
「夏の修行の最終日(旧暦)7月15日にすべての衆僧に食べ物を施しなさい。」
と言われ、その通りにしたところ母親が救われたという伝説が
由来とされています。

 

 

この盂蘭盆会の行事が日本に伝たわり、独自の祖先信仰と融合して、
日本ならではのお盆の習慣がつくられてきました。

 

精霊をお迎えするために、
お位牌がないときは、簡単な精霊棚を作りましょう。
小さな机の上に、和紙を敷き、花と水、
キュウリとなすで作った精霊馬を供えます。
お線香がないときはお香を焚いても大丈夫です。

 

 

 

精霊はあの世とこの世を行き来するための乗り物である
馬に乗ってこられます。

 

 

 

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai