木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

鏡開き

 

お正月には歳神様にお供えしていた鏡餅を

お下がりとして食べることで、

力を授かり無病息災を祈り、歳神様を天にお送りします。

 

 

 

 

鏡開きは松の内が終わって1月11日に行うのが一般的ですが、
地方によっては、15日に行うところもあります。

 

 

 

 

鏡餅には歳神様が宿っているので、刃物は使わず木槌などでたたいて割ります。

「わる」という言葉は縁起が悪いので、「鏡わり」ではなく、

「運をひらく」にかけて「鏡びらき」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡餅を割って食べることは「歯がため」といって、

歯が丈夫長生き出来るともいわれます。

 

 

 

 

また、鏡餅の上に飾られていた橙は、汁を搾って鍋料理に使ったり、

昆布は出汁などにして活用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お下がりのお餅をぜひ、ぜんざいやあべかわ餅で

召し上がってみませんか。

 

 

 

 

これからの講座予定
・1/26(日)~
令和やまとなでしこ入門講座・3回コース
↓  ↓

https://www.facebook.com/events/533696494155168/

 

 

 

2/8(土)小筆講座「さらさら書きます小筆小町」
↓  ↓

https://www.facebook.com/events/1048868032132182/

 

 

 

 

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai