木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

初心者にもわかる行事「重陽の節句」・五節句

 

9月9日は、重陽の節句(五節句)、菊の節句とも呼ばれます。

「10ではなく9が最高の数字」

9月9日という日にちには、特別な意味があります。数は1から10で表わされます。もっとも大きな数は10ですが、古代中国では、「満ちては欠ける」という思想がありました。

 

つまり、頂点を極めてしまえば、後は衰退していくだけなので、頂点を最高とするのは良くないと考えたのです。そこで、最高の数字は10ではなく9となったのです。

この最高の数字が重なるのが9月9日の重陽の日で、良いことが重なる日とされました。

 

中国に起源がある重陽の節句は、
平安時代に伝わり、宮中では菊を浮かべたお酒を飲み、長寿を祝う「観菊の宴」が行われていました。
前日に、菊の花に真綿を広げて置き、翌朝、菊の香りが移り、朝露がしみ込んだ真綿で身体を清め、若さと長寿を祈る風習もありました。
最近は、実際に行っているご家庭が少ないですよね。

 

 

 

菊は仏事のイメージが強くなりましたが、もともとは高貴さと長寿の象徴で、
皇室の紋章にもされています。

 

9月9日当日は、菊づくしのお料理はいかがでしょうか?

菊の天ぷらは、菊の水気を切って小麦粉を降っておき、天ぷら衣をつけて、
中温(約170~180℃)で揚げます。
菊花のおひたしは、酢を少々入れた熱湯で菊の花びらをサッとゆでます。

水気を切って、醤油か辛子醤油、辛子酢味噌で和えます。

 

 

他にも、菊の吸い物、菊酒は風の漢方薬、菊花茶は疲れ目や風邪のひきはじめに効くそうです。
疲れ目にいいなんて知らなかった!風邪にも!!
季節の変わり目です。菊の効用を活用できますね~

 

 

 

 

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai