木乃花の会

木乃花の会会員募集

ブログ

Blog

二十四節気・七十二候-雨水(うすい)

雨水(うすい)

二十四節気の一つ
立春から数えて15日目頃。

 

降る雪が雨に変わり、積もった雪が溶けて
土が潤い始める頃です。

 

昔は、この日を目安に農業の準備を始めていました。

福岡の降雪は、3月5日頃という統計がありますから、

もう少し春まで時がかかりますが、

昨日は春一番が吹いたところもありました。

 

 

「東風(こち)吹かば 匂い起こせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」

菅原道真の句ですが、福岡にはゆかりのある句ですね。

 

 

梅から桃、さらに桜と花が移ろっていく春を楽しみましょう!

お問合せはこちらから

木乃花の会

810-0022福岡市中央区薬院4-8-28チサンマンション第5博多403号

090-7384-6778(平日09:00~19:00)

うめのまバナー

©2019konohananokai